脂肪溶解注射(MITI)

ダイエット注射で部分痩せ
脂肪細胞を破壊して体質改善

脂肪溶解注射とは、気になる範囲の皮下脂肪層に直接薬剤を注入することで、脂肪細胞を破壊して溶解します。身体が本来持っている脂肪の燃焼力を高め、脂肪の老廃物を運ぶリンパ液の流れをスムーズにして、余分な脂肪を排出するように促す、部分的な医療ダイエットです。ダイエットでもなかなか落ちにくい部位や、セルライトにも効果があります。

脂肪溶解注射MITIとは?

脂肪溶解注射の一つである『MITI(マイティ)』には、「PPC(フォスファチジルコリン)」「L-カルニチン」「デオキシコール酸」「IGF-1(インシュリン様成長因子-1)」「Phyto-NEP(コーヒー酸複合ペプチド)」といった脂肪に作用する5つの有効成分が含まれています。


脂肪細胞の細胞膜を溶解し、脂肪細胞そのものを消失させる成分を多く含むため、他の薬剤よりも効果が出やすいことが特徴です。
また、筋肉の活性化、腫れやかゆみの抑制、鎮痛作用がある成分も含まれているので、従来よりも短いダウンタイムで高い効果を実現しました。通常、注入部位に腫れや熱を持つことがありますが、MITIではこれらの程度が軽いため、よりリスクの低い痩身治療となっています。

薬剤を部分的に注入するだけなので、脂肪吸引手術に比べると、身体的負担が非常に軽く、ダウンタイムも少ないです。また、術後の安静や、包帯やガードルでの圧迫の必要がなく、すぐに普段通りの生活を送ることが可能です。

悩みの原因と解決方法

脂肪細胞は、脂肪をためておくための専用の貯蔵庫です。脂肪細胞は溜まっている脂肪の量に応じて風船のように膨らんだりしぼんだりします。脂肪細胞の中に脂肪がたっぷり入って膨らめば太り、脂肪細胞の中の脂肪の量が減れば痩せるという原理です。


脂肪細胞は、特に下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、内臓の回りなどに多くあります。脂肪溶解注射は、おなかや二の腕、太ももなど気になる箇所に注射することで、その部位の脂肪細胞の破壊と排出を促すので、部分的なダイエットが可能になります。運動で全身の脂肪を燃焼するので部分痩せはできません、医療ダイエットのみ部分痩せの実現が可能です。

こんな方におすすめ

  • 部分痩せでメリハリのある体にしたい
  • 食事や運動のダイエットに限界を感じる
  • 脂肪吸引は抵抗があるけど効果的に痩せたい
  • セルライトを何とかしたい

他の治療との比較

エステやホームケアとの違い

通常のダイエットにより脂肪細胞を小さくすることはできますが、数自体を減らすことはできないのでリバウンドしてしまう可能性があります。一方、脂肪溶解注射を使った医療ダイエットは、脂肪細胞そのものを除去するため、リバウンドのリスクが少ないと言われています。また通常のダイエットでは、脂肪を燃焼して“全身の”脂肪細胞を小さくすることはできますが、“部位別の”脂肪細胞を小さくすることはできません。部分痩せも医療ダイエットしか実現できないことも特徴です。

BNLSや脂肪吸引との違い

脂肪溶解注射にはBNLS というものもあります。こちらは植物エキスを主成分としており、少量のデオキシコール酸も加えられています。脂肪溶解注射MITI と違ってお顔の施術も可能で、ダウンタイムも当日中と短いですが、脂肪溶解能力はMITIに比べると弱いです。


また、脂肪をなくす方法として脂肪吸引手術もあります。こちらは、皮膚に数ミリの傷を作って医師の手技で脂肪をとってくるため、取る脂肪の量を調整できますが、内出血がほぼ必ず出現し、術後は皮膚を引き締めるためのガードルでの圧迫が必要です。また、傷跡がなじむまでに1か月程度の期間を要し、手術ですので一回当たりの料金も高額です。

脂肪溶解注射MITIの成分

5つの主成分

脂肪溶解注射の一つである、『MITI(マイティ)』には、「PPC(フォスファチジルコリン)」「L-カルニチン」「デオキシコール酸」「IGF-1(インシュリン様成長因子-1)」「Phyto-NEP(コーヒー酸複合ペプチド)」といった脂肪に作用する5つの有効成分が含まれています。

PPC(ホスファチジルコリン) :脂肪細胞の細胞膜と類似した構造をもち、皮下脂肪に注入することでPPCが脂肪細胞に入り込み、細胞膜を破壊して脂肪を流し出します。MITIは韓国で生まれた脂肪溶解注射「リジェンスリム」の進化版で、このPPCが2倍多く含まれています。大豆由来の成分で、大豆アレルギーの方は治療を受けることができません。

L-カルニチン :有酸素運動を行うと、脂肪が遊離脂肪酸という形となって血液に流れ出し、エネルギーとして使われて脂肪が燃焼します。L-カルニチンは脂肪燃焼を促進してくれます。溶け出した脂肪を速やかに血管に流し出してくれるので、より効率的に、より早く痩身効果を実感できます。

デオキシコール酸 :脂肪細胞膜を直接破壊して中性脂肪を取り除き、細胞を壊死させる働きがあります。この働きがPPCの脂肪溶解作用を更に加速させ、高い痩身効果を発揮します。FDA(アメリカ食品医薬局)で脂肪分解効果が認められた医薬品成分でもあります

IGF-1(インシュリン様成長因子-1) :インシュリンに非常に似た構造を持つ増殖因子で、成長ホルモンにより肝臓や骨格筋などの組織で産生されます。代謝を高める働きがあり、筋肉を発達させて肌にハリとつやを与える効果があるので、脂肪除去と同時に筋肉を引き締め、ハリのある身体を手に入れることができます。

Phyto-NEP(コーヒー酸複合ペプチド) :正式名称をPhyto-NEPカフェロイルデカペプチド-17といい、強いかゆみ止め、抗アレルギー、抗炎症効果により表皮細胞を保護します。この作用により、従来の脂肪溶解注射に比べて、短いダウンタイム、低リスクでの治療が可能となりました。

施術可能な箇所

施術可能な箇所

・肩
・二の腕
・背中
・ウエスト
・おなか
・お尻
・ふともも
・膝
・ふくらはぎ

施術料金

施術範囲が手のひらサイズ当たりで1本5ccが目安の量となります。(下腹部2本~4本、両側腹部2~4本、両二の腕2本など)効果を実感するには同じ部位3~6回ほど施術して頂くことを推奨しています。
効果を実感するには金額も膨らみます。WITH CLINICではどこよりも通い易いクリニックを目指して「高品質・低価格」を掲げています。ぜひ他院とご比較下さい。
※当院は、自費診療のみの取扱いとなっております

項目 備考 会員価格 一般価格
脂肪溶解注射MITI 4v(バイアル) 60,000円 80,000円
100v(バイアル) 300,000円 350,000円

※❶ 価格は全て税抜き価格で記載しています。
※❷ 会員価格は回数券をご契約された方が対象です。有効期限は1年間です。

施術概要

項目 説明
持続効果 効果が出るまで2週間~1か月程、その後溶解した脂肪は半永久的に戻りません
当日施術 空いていればカウンセリング当日に治療可
施術時間 15分+麻酔時間
麻酔 局所麻酔あり
痛み・腫れ 筋肉痛同様の熱感・疼痛が3~7日程度続きます。腫れ、内出血、アレルギー(大豆由来の成分を含むため大豆アレルギーの方はお受けいただけません)が出る場合もございます。
禁忌事項 以下の方は施術をお断りする場合がございます。
・アレルギー体質の方、大豆アレルギーのある方
・妊娠・授乳中の方
・心臓病、肝臓病、甲状腺機能障害、糖尿病、免疫不全、自己免疫疾患、出血性疾患をお持ちの方や、抗がん剤治療をおこなっている方
・施術部位に感染・炎症のある方
・施術部位に金属プレートやシリコンを埋めている方
・ケロイド体質の方
・当日に飲酒をしている方

※詳しくは、お電話またはカウンセリング時にご相談下さい

院内の様子

With Beauty Clinicは、上質な空間で心身ともにリラックスして頂けるようヒーリング音楽やアロマディフューザーを設置しており、くつろいでお過ごしいただけると思います。

よくある質問

何回くらいで効果がでますか?
個人差はありますが、1回の治療でも効果を実感できますが、1-2週間隔で3~5回の治療を行っていただくとより確実な効果が得られます。
ダウンタイムはどのくらいですか?
筋肉痛同様の痛みと熱感が、3日~1週間程度続きます。ピークは1~2日目と言われていますが、日常生活に大きな支障をきたすほどではありません。
施術後の注意事項はありますか?
当日の飲酒はお控えください。入浴・マッサージは当日から可能ですが、激しいスポーツは翌日からになります。運動する事で、脂肪燃焼促せるので翌日からは軽く運動して頂く事がお勧めです。

医療痩身・ダイエット

  1. 脂肪溶解注射(MITI)

    脂肪溶解注射とは、気になる範囲の皮下脂肪層に直接薬剤を注入することで、脂肪細胞を破壊して溶解します。身体が本来持っている脂肪…

  2. GLP-1ダイエット

    GLP-1はヒトの体内に元々存在しているホルモンで、痩せホルモンとも呼ばれています。腸から分泌されるホルモンで、主な働きはイ…

  3. 医療ダイエット処方

    内服薬によって、身体の内側から糖質・脂質の吸収を抑制していく方法です。無理なく効果的にカラダに働きかけダイエットをサポートし…