GLP-1ダイエット

自宅で完結するダイエット注射
食欲を抑制し内臓脂肪を減らす

GLP-1はヒトの体内に元々存在している腸から分泌されるホルモンで、主な働きはインスリン分泌を促すこと、血糖を下げることです。
食欲を抑える作用、脂肪を分解することからアメリカではダイエット目的で用いられることが多くなっています。

GLP-1とは?

GLP-1は誰の体にもあるホルモンですが人によってこのホルモン量が違います。GLP-1が少ない人は食欲が抑えられず太りやすい体質となりますが、GLP-1を増やす注射をすることで治療出来ます。


GLP-1は血糖値を下げるインスリンの分泌を促すので、日本でも糖尿病の治療薬として保険適応で使用されています。加えて、胃排出遅延作用と食欲抑制作用があるので、日本では肥満に対しての保険適応はなく自費診療のみになっていますが、アメリカや韓国では肥満治療薬として承認され使用されているので安全に治療出来ます

悩みの原因と解決方法

摂取エネルギー(食事からとるエネルギー)が消費エネルギー(生活する上で使われるエネルギー)を上回ると、消費されなかった分が脂肪に蓄積します。また、脂肪細胞から出るレプチンというホルモンが、脳の視床下部にある受容体に作用し、食欲を抑えていますが、体重が増える過程では、レプチンの効きが悪く、食欲が抑えられずに摂取エネルギーを増やしてしまいます。その結果「太って」しまうのです。


私たちが取り組むダイエットの多くは、食事を制限したり、運動量を増やしたりする方法が多いかと思いますが、生活の中に取り入れ継続していくことが難しく、さらに「我慢」をすることでストレスを感じやすいです。GLP1ダイエットは 、GLP1というヒトの体内に元々存在しているホルモンを注射することで、食欲や体重のコントロールを行う療法です。食事制限(我慢)の必要がなく、無理なくダイエットに取り組めます。また、GLP-1ダイエットは、ドクターの指導のもと自宅で治療を続けることができ通院の負担が軽減されます。

こんな方におすすめ

  • 食事制限がストレスになり長続きしない
  • 運動が苦手でジムなどに長く通えない
  • 痩せにくい体質で他の方法は痩せなかった
  • ダイエットしたいけどリバウンドが心配

他の治療との比較

GLP-1とサプリメント

GLP‐1と検索するとサプリメントがでてくることがあるかもしれませんが、そのサプリメントは主にEPAや乳酸菌、食物繊維などの体内で代謝される過程でGLP-1の分泌を促す成分をベースとしたものであり、GLP‐1を直接摂取できるわけではありません。

オンライン診療に対応

自宅で診断、そして受取

当院では、オンライン診療を行い、自宅でも簡単に診察を行うことが可能です。また、GLP-1の受け取りも郵送で行い、自宅で完結することができ、時間も労力も取らずに、ダイエットをしていくことが可能です。

GLP-1の種類

GLP-1の種類

GLP-1の種類には、サクセンダ(日本では同じ製薬会社からビクトーザという製品名で販売)、オゼンピック、トルリシティなどが有名です。種類によって、投与する頻度、投与できる量などが変わります。

項目 投与頻度 投与量
サクセンダ 1日1回 1日3.0mgまで
ビクトーザ 1日1回 1日1.8mgまで
トルリシティ 週に1回 週に1本
オゼンピック 週に1回 週に1本

当院では、投与できる量を人に合わせて1日単位でコントロールできることや、臨床試験での減量結果やアメリカと韓国でも有名な肥満治療薬としての実績から「サクセンダ」を取り入れています。

施術料金

注射1本18mgとなっています。1日0.6~3.0mgを消費するので1本6日~30日で使用することになります。効果を実感するには、1日1.8mg~ほど使用(月に3本~)して頂くことを推奨しています。
効果を実感するには金額も膨らみます。WITH CLINICではどこよりも通い易いクリニックを目指して「高品質・低価格」を掲げています。ぜひ他院とご比較下さい。
※当院は、自費診療のみの取扱いとなっております

項目 備考 会員価格 一般価格
GLP-1ダイエット 1本 30,000円 40,000円
2ヶ月6本セット 165,000円
3ヶ月12本セット 300,000円

※❶ 価格は全て税抜き価格で記載しています。
※❷ 会員価格は回数券をご契約された方が対象です。有効期限は1年間です。

施術概要

項目 説明
効果 個人差ありますが、数週間で効果を実感できます
施術 ご自宅でご自身で注射して頂きます
施術時間 カウンセリング30分程、診察5~10分程
副作用 治療初期に、吐き気・胃のむかつき・便秘・下痢などの症状が出ることがございますが、続けるうちに症状が治まることが多いです。万が一、強く副作用が出てしまった場合は、クリニックまでご連絡をお願いいたします。まれに、注射部位に、赤みや腫れ、内出血、お痛みが出ることがございます。急激に食事量が減少することで栄養不足となり、貧血症状が起こる可能性があります。食事制限はありませんが、バランスの良い食事を心がけましょう。
禁忌事項 以下の症状がある場合、施術をお断りすることがございます。
・妊娠・授乳中の方
・甲状腺疾患、すい臓疾患、糖尿病がある方
・向精神薬を内服している方

※詳しくは、お電話またはカウンセリング時にご相談下さい

院内の様子

With Beauty Clinicは、上質な空間で心身ともにリラックスして頂けるようヒーリング音楽やアロマディフューザーを設置しており、くつろいでお過ごしいただけると思います。

よくある質問

自分で注射を打つのが怖いです、痛みはありますか?
普通の注射とは違い、髪の毛より細い極細の注射針を使うため慣れてしまえばほとんど気になりません。人によっては針を刺すときに軽くチクッとした痛みがあります。
糖尿病治療とは違うのですか?
糖尿病治療ではインスリン自体を自己注射することがありますが、GLP-1ダイエットで注射するのはGLP-1というホルモンであり、インスリンではありません。GLP-1にはインスリン分泌を促す他、 胃腸や脳に働きかけて満腹感をコントロールできる作用や食欲を抑制する効果があります。
治療中の注意事項はありますか?
必ず医師の指示に従った量を自己注射してください、副作用が出現するリスクにつながります。副作用症状として、治療初期に「便秘、吐き気、胃のむかつき、下痢など」の症状が現れる場合がありますが、続けるうちに副作用が軽減されることが多いです。また、GLP1の食欲抑制が効きすぎて極端に食事摂取量が減少してしまった場合、栄養不足となって貧血症状が出る可能性もあります。食事制限はありませんが、バランスの良い食事を心がけましょう。

医療痩身・ダイエット

  1. 脂肪溶解注射(MITI)

    脂肪溶解注射とは、気になる範囲の皮下脂肪層に直接薬剤を注入することで、脂肪細胞を破壊して溶解します。身体が本来持っている脂肪…

  2. GLP-1ダイエット

    GLP-1はヒトの体内に元々存在している腸から分泌されるホルモンで、主な働きはインスリン分泌を促すこと、血糖を下げることです…

  3. 医療ダイエット処方

    内服薬によって、身体の内側から糖質・脂質の吸収を抑制していく方法です。無理なくカラダに働きかけダイエットをサポートします。