イソトレチノイン

何をしても治らなかったにきび顔も
半年後には見違えるような肌に

こんな方におすすめ

  • にきびに効くと言われるものは試してきたが治らず諦めている
  • 皮膚科でもらった塗り薬でも治らない
  • にきびがある顔がコンプレックスになっている
  • 繰り返すにきびに、メイクができない

1982年にFDA*に認可され、アメリカやヨーロッパで使用され続けられてきたイソトレチノインは、難治性ニキビ治療に革命をもたらした画期的な薬剤で、①にきびの原因となる皮脂の分泌を抑える作用②アクネ菌に対する抗菌作用③抗炎症作用の3点に優れている、重症のにきびに有効な治療です。

*Food and Drug Administration:アメリカ食品医薬品局。アメリカでは食品・飲料・化粧品などを輸出販売する際にはFDA認証が必要になる。

日本ではまだ厚生労働省の認可がおりてないため保険が適応されず、副作用のリスクがあるため個人輸入やインターネット販売も認められていませんが、医師の診察と処方の下で用法用量を守って正しく服用すれば、これまで治らなかった重症のにきびの治療が期待できます。
製品名はアキュテイン、ロアキュタン、イソトロイン、トレティヴァと複数ありますがどれも同じ成分です。

イソトレチノインの効果

ビタミンA誘導体であるイソトレチノインは、皮脂腺を退縮させ、皮脂分泌を大きく減らし毛穴を縮小させる作用があります。これにより、にきびの原因となるアクネ菌が定着できなくなりアクネ菌の数を大きく減らすことができます。

また、細胞に働きかけることで皮膚の細胞が正常に働くようになり、皮膚が厚くなり毛穴詰まりが起こることがなくなるため、にきびが改善していきます。

悩みの原因と解決方法

にきびはほとんどが皮脂による毛穴の詰まりで、元から肌がオイリーな人や、ホルモンバランスが安定していない思春期などに多く見られます。
これまで市販の薬や保険適用の薬で改善が見られなかった重症なにきびでも、1日たった1回の内服のみで治療効果が期待できるのが、このイソトレチノインです。
個人差はありますが、1クール最長20週間とし、1日1回食後に毎日内服を継続することにより、現状の改善だけでなくその後数年にわたりにきびが出来にくくなります。
イソトレチノインは、塗り薬、飲み薬、レーザーなどのにきび治療の中で最も効果が高いとされるにきび治療で、ほどんどの方に改善がみられます。

WITH BEAUTY CLINICのイソトレチノインが選ばれる理由

1.これまで何を塗っても治らなかったにきびでも改善できる可能性が高い

2.保険適応外のため経済的にやや負担はあるが、非常に高い効果が期待できる

施術料金

WITH BEAUTY CLINICではどこよりも通い易いクリニックを目指して「高品質・低価格」を掲げています。ぜひ他院とご比較下さい。
※当院は、自費診療のみの取扱いとなっております

項目 備考 会員価格 一般価格
イソトレチノイン10mg 30日分 ¥12,375 ¥16,500
40日分 ¥16,500 ¥22,000
イソトレチノイン20mg 30日分 ¥20,625 ¥27,500
40日分 ¥27,500 ¥36,650
イソトレチノイン40mg 30日分 ¥41,250 ¥55,000
40日分 ¥55,000 ¥66,640

※❶ 価格は全て税込み価格で記載しています。
※❷ 会員価格は回数券をご契約された方が対象です。有効期限は1年間です。

施術概要

項目 説明
治療 医師の管理下で血液検査、内服
服用期間 1クール最長20週間、1日1回食後に毎日内服
副作用 筋肉痛、関節痛、頭痛、口唇炎、結膜炎、顔の皮膚炎
禁忌事項 催奇形性のリスクのため妊娠中、妊娠を望んでいる方、授乳中の方

※詳しくは、お電話またはカウンセリング時にご相談下さい

院内の様子

With Beauty Clinicは、上質な空間で心身ともにリラックスして頂けるようヒーリング音楽やアロマディフューザーを設置しており、くつろいでお過ごしいただけると思います。

よくある質問

すぐに効果が現れますか?
個人差はありますがすぐに改善して完治するわけではなく、根気よく継続して内服を続けることが重要です。基本的にビタミンA誘導体の内服治療は20週間の継続治療ですので、それよりも早い段階で良くなったからといって途中でやめてしまうと再発の恐れもありあります。自己判断で辞めず、医師の指示に従って期間はきちんと守ってください。
誰でも服用可能ですか?
副作用のリスクがあるため服用中と服用後6ヶ月間の期間は妊娠できません。そのため現在妊娠している方、近いうちに妊娠を希望されている方、授乳中の方は処方をお断りさせていただきます。うつ病や肝臓疾患で治療中の方など、ビタミンA誘導体の適応ではないと医師が判断した場合も処方できませんのでご了承ください。

WBCは医療広告ガイドラインを順守し、医師監修のもと情報を掲載しております。

WITH BEAUTY CLINICは、2018年に厚生労働省により改正・施行された「医療広告ガイドライン」に則り、当サイトに情報を掲載することを心がけております。
患者様に正確な情報をお伝えすることを目的とし、当サイトの運用を行っております。

ニキビ・ニキビ跡

  1. イソトレチノイン

    1982年にFDA*に認可され、アメリカやヨーロッパで使用され続けられてきたイソトレチノインは、難治性ニキビ治療に革命をもたらした…

  2. ヴァンパイアフェイシャル

    ヴァンパイアフェイシャルとはPRP皮膚再生療法で採取した血小板を、ダーマペンを用いて浸透させる治療法です。 ダーマペンで肌に繊細…

  3. エクソソーム

    エクソソームとは、元々は美容よりも医療の現場で注目され活用されてきた細胞間のメッセージ伝達物質のことで、低下した機能の修復を…

  4. ケミカルピーリング(マッサージピール・コラーゲンピール)

    ピーリングとは、薬剤をお肌に直接塗り、表面の角質層を化学反応で剥離させて古い角質や汚れを除去します。また新しい皮膚生成を活性化させ…

  5. ダーマペン4(ベルベットスキン)

    ダーマペンは髪の毛よりさらに細い超極細針で、お肌の表面にとても小さな穴をあけ、コラーゲンやエラスチンの生成を促し自己回復機能…

  6. フォトフェイシャル(IPL+RF)

    フォトフェイシャルはIPL(光)とRF(高周波)を同時に使用することで、様々な皮膚疾患に対応できます。きめ細かな照射設定で、…

  7. ニキビ治療(ミノマイシン・セファレキシン・イソトレチノイン)

    内服薬によって、身体の内側からニキビを治していく方法です。抗菌作用・抗炎症作用がある薬剤を内服することで、ニキビに働きかけ美…