顎下の脂肪吸引の効果とデメリットを現役美容皮膚科院長が徹底解説

小顔形成 顎下の脂肪吸引

顎下の脂肪吸引をしたいけれど失敗が心配という方に、現役の美容皮膚科院長院長がその内容とデメリット点などをお伝えします。

知っていると知らないとでは大きな違いがありますので参考にしてください。

顎下の脂肪吸引とは

一般的には、頬と顎の吸引を中心に行います。

二重顎に悩む方場合はこのバランスがうまくいけば全く悩まずに理想に近くなります。

顔の脂肪吸引におけるダウンタイム中の症状は、主に次のようなものです。

  • 患部の腫れ
  • 内出血
  • 患部の痛み
  • 患部の腫れ

脂肪吸引後は、患部が腫れてしまうことがあります。ただし広範囲にわたる脂肪吸引に相当する足やおなかや腿などにくらべて、腫れはそこまで大きくはありません。

このようなお悩みの方におすすめです

  • 頬の脂肪や二重あごが気になる方
  • フェイスラインを整えたい方
  • 頬の膨らみが気になる方
  • ブルドック顔を改善したい方

こんな方におすすめなのが顔の脂肪吸引です。

その中でも顎は、二重あご、フェイスラインを左右する重要な部分ですね。

どの部位の脂肪が気になるかで適用が変わるため医師への相談が大事です。

仮にこの分野が得意なドクター出なかった場合は、大変なこととなり失敗のもとになります。

人それぞれで肉の付き方も異なりますので、十分な分析やカウンセリングで行う必要があり、熟練したドクターの腕が必要になります。

顎下の脂肪吸引でできる治療と効果

ダウンタイム中でも、1週間あれば日常生活を送れる程度に回復するため、会社をやすまなくてはいけないなどの休暇を取る必要はありません。

脂肪吸引は、下膨れや二重顎にお悩みの方に選ばれています。

また、脂肪吸引によって耳下から顎にかけてのラインが際立ち、フェイスラインのもたつきが気になる方にもおすすめです。

それに対して、口元の横側(頬下側)に脂肪が多くついている方は、脂肪吸引でスッキリとしたフェイスラインを実現できます。

ダウンタイム中でもなかには普通にけろっとして日常生活を送られている方もいます。

技術や施術にこだわり、顔のバランスに合わせて脂肪を吸引していけばきっと目指している小顔を手に入れることが可能でしょう。

腫れや内出血が強く出てしまうと、せっかく脂肪吸引したのにも関わらず効果が弱くなる可能性があります。

顎下の脂肪吸引を失敗しないためにはズバリ、ドクター選びが大事です。

カウンセリングに力を入れているドクターなら、どんな不安でも相談ができるでしょう。

顔の脂肪吸引で人気のある二重あごの原因はいくつかあるので、普段からの生活にも気を付けて、吸引した時のメリットが際立つようにしましょう。

顎下の脂肪吸引の治療の流れ

STEP1:カウンセリング

医師とのカウンセリングで気になるところや不安に思っている点をドクターにきちんと伝えてください。

不安がないようにご説明いたします。

イメージシミュレーションができる画像診断システムや、撮影した画像をコンピューターソフトで共有できるクリニックもあります。

術後イメージを事前に確認できるので不安が和らぎ、イメージしやすくなるでしょう。

カウンセリング時に「こうなりたい」というイメージを医師と共有しておけば術後のこんなはずじゃなかった、も防げます。

ここで大丈夫と思えたらすぐに施術の予約をして、次に進みましょう。

STEP2:マーキング

術日が決まったら、施術範囲にマーキングをしていきます。

これは事前にシミュレーションしているので問題なくマーキングできます。

STEP3:麻酔

麻酔は局所麻酔を使用します。ご要望に応じて麻酔の種類を選ぶことができるクリニックもあります。

STEP4:施術

施術時間は約30分前後です。リラックスしてお休みいただきます。

STEP5:施術後ケア

麻酔による若干のむくみと引きつれ感がある場合もありますが、ひどい痛みや腫れは起こりにくいのが特徴です。

24時間フォローアップで手術をお受けいただいた方に、夜間の対応をしてもらえるクリニックもあります。

万が一、手術後に腫れや痛みなど気になることがありましたら、気軽に連絡してみましょう。

STEP6:術後検診

術後検診で術後の経過をきちんと把握して問題がないかを確認します。

顎下の脂肪吸引の治療費用

●頬+顎下30万円前後です。

顔は他の部位とは異なり、洋服で隠すことができない部位ですが、顎下や頬といった顔の脂肪吸引はバレにくい部位です。安心して皆さん施術を受けることが可能です。

傷跡が目立たないのもこの施術の良いところです。特に顎下はばれにくいところですし、今のマスク生活でも隠すにもうってつけと言っていいでしょう。

傷は左右の耳の裏と下顎中央の合計3箇所あったとしても大きさは2~3mm程度です。位置も普段は見えない箇所に作りますのでほとんど分かりません。ダウンタイムが短く済むのでご本人も楽かと思います。

顔は吸引範囲が狭く、少量の吸引でも十分な効果を実感できる部位ですので手術によるダメージも少なく、ダウンタイムが短く済むのです。

顎下の脂肪吸引のデメリット

Beautiful Model Girl With Perfect Fresh Clean Skin. Youth And Skin Care Concept. Isolated On Pastel Brown Background.

アフターケアやセルフマッサージのご説明など、肌のつっぱり感や内出血を早期的に治療できるようにしましょう。

治療院によっては突っ張り具合や内出血などは個人差があり、吸引する脂肪の量や体質などにより度合いが異なります。失敗を避けるためにはドクター選びも重要ですが、よいドクターでもご自身の術後のケアも大切な要素となります。

スムーズな術後のための注意点も心掛けておきましょう。

食品では刺激物や塩分が多く含まれる食品や飲酒を避ける血行を改善するマッサージをするサウナなど高温のものをしばらく避けるようにしましょう。

また痛みを我慢しすぎてしまうと、ストレスが溜まってしまい効果を発揮しづらくなるので、痛み止めをもらっていた場合は早めに服用しましょう。

ドクターによっては痛みが出る、出ないにかかわらず、準備してもらえますので気軽に相談してみてください。

処方する抗生物質が出ることがありますので必ず医師の指示に従ってください。

腫れ止め、痛み止め、傷口用の消毒薬なども処方しますので、用法、容量を守ってお飲みください。痛み止めは、適宜服用してください。

ご飲食はあまり胃の負担にならないものにしてください。麻酔を使用しているため、水分は通常よりも多く摂取してください。

適切な過ごし方や気を付けることをもう少しまとめておきます。

1ヶ月程度は腫れおちつきますし、その後数か月かけて、理想のフェイスラインに徐々に引き締まっていきます。

内出血も2−3週間で目立たなくなっていきます。

後は打ち身の様な痛みが1−2週間程度ありますが、徐々になくなっていきます。

顎下の脂肪吸引のよくある質問

Q.フェイスバンドはどれくらいつけているのですか

フェイスバンドは手術後の強い腫れや内出血、浮腫みを抑えるので、病院からもらったらつけておいたほうがよいといえます。

脂肪吸引するとすきまができますので固定して小顔をキープしてください。

また、顎下脂肪吸引後のフェイスバンドで圧迫はいつまでなのかと伺う場合が多いですが、3日間はできれば可能な限りつけておくのがいいでしょう。

バンドで、腫れや内出血が抑えられるからです。

腫れや内出血が強く出てしまうと、せっかく脂肪吸引したのにも関わらず効果が弱くなる可能性があります。

Q.食べ物で気を付けた方がいいものはありますか

食品では刺激物や塩分が多く含まれる食品や飲酒を避けることです。内出血がひどくなってしまったりするので注意が必要です。塩分が多く含まれる食事や飲酒は避けるようにしてください。

これらはむくみが出やすいのと刺激物は痛みを助長したりすることがありますので注意しましょう。

脂肪吸引後は、水分代謝が悪くむくみやすくなります。

代謝を促進する効果があるビタミンB群や野菜、果物、亜鉛などが含まれる食品をとるようにしましょう。海藻類もミネラルが豊富なのでおすすめです。

血行を改善するマッサージをするのもいいでしょう。

  • 施術部位以外は、当日から可能
  • 施術部位も含める場合は、翌日から可能

顔の脂肪吸引による、ダウンタイムを早く治すにはお風呂でマッサージなどが効果的です。

Q.サウナはいつから大丈夫ですか。

サウナなど高温のものをしばらく避けるほうがいいでしょう。

3週間以上くらいたってからの方が良いです。

Q.鎮痛剤はつかってもいいですか。

痛みを我慢しすぎてしまうと、ストレスが溜まってしまい効果を発揮しづらくなるので、早めに服用しましょう。

医師の説明を聞き、適切な量と間隔で飲みましょう。

脂肪吸引をしたときは、患部を冷やすのがおすすめです。

冷やすときは保冷剤やタオル、冷えピタなどどのようなものでも問題ありません。

内出血は、基本的にマスクで隠すことも可能です。

術後しばらくの間はメイクができないことが多いため、基本的にはマスクで過ごしましょう。

血行を改善するマッサージをするのもいいでしょう、余り患部を刺激しない程度にやさしくなでるように流します。

術後1-2週間辺りから血行を改善するためのマッサージを実施しましょう。

顎下の脂肪吸引のまとめ

手術当日やその後の患部の状態に気を付けていればあまり大事にならずに周りに気づかれずに進めることができます。

特に顎下の場合、隣接する頬と一緒にお薬を渡されることも多いので決められた分だけきちんと飲むようにしましょう。

顎下の脂肪吸引は、無理に脂肪を吸引せず、お身体へのご負担が少ない施術です。

強い痛みや多量の出血はほとんどおこらずに、術後に痛む場合も、痛み止めを飲んでいただくことが可能です。

30分程度休憩していただいた後に、歩いて帰宅することもできますのでトライしやすいのがこの脂肪吸引です。

公共交通機関を使用していただくこともできますが、車やバイクなどの運転はせずに帰りましょう。

脂肪吸引は、下膨れや二重顎で「顔が大きく見えてしまう」とお悩みの方に選ばれています。

信頼できるドクターによる脂肪吸引がおすすめです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。