ヒアルロン酸注射(しわ)は失敗する?失敗例と対処法を現役美容皮膚科院長が徹底解説

しわ・小じわ治療 ヒアルロン酸注射

クレーターの原因と最適な治療法とは?現役美容皮膚科院長が徹底解説!

さまざまな顔の悩みを改善するヒアルロン酸注射。

ダウンタイムも少なく手軽に行える治療から、人気を集めていますが、なかには失敗したという口コミも見受けられます。

本記事では、ヒアルロン酸注射の失敗例と対処法を徹底解説します。

ヒアルロン酸注射(しわ)の効果

高い保湿力を持つヒアルロン酸注射。肌に注入する方法のみならず、顔のボリュームや気になる骨などに注入することで、理想の顔に近づけると話題です。

ヒアルロン酸はもともと、人間の体内にも存在しているため、人体への影響もほとんどありません。

また、顔全体を切開して整形するような大掛かりな施術ではないことから、人気が高い傾向があるのです。

しかし、ヒアルロン酸は時間が経つと体内に吸収されてしまうので、定期的に注入をしなくてはいけません。

ヒアルロン酸注射による効果の持続時間は薬剤や注入部位によって異なります。

確実な技術を持った医師ではないとヒアルロン酸注射の施術ができませんので、クリニック選びも慎重になりたいところです。

リフトアップ効果

加齢により肌の水分が失われてしまうと骨がくぼんだように見え、顔全体のボリュームが減ってしまいます。

しかし、くぼんだように見える部分にヒアルロン酸注射をすることで、肌のリフトアップ効果が期待できるのです。

リフトアップすると顔のたるみが目立たなくなるため、若々しい顔つきに生まれ変わります。

しわの改善効果

年齢とともに皮下組織の力が弱まり、その上に蓄積された脂肪が下垂することでほうれい線やしわといった症状が見られます。

深く刻まれたしわにヒアルロン酸を注入すると、表皮の下にある真皮から肌が持ち上がり、しわが目立ちにくくなります。

さらに肌の水分量も高まるため弾力のある肌になり、メイクのりも良くなります。

ハリや弾力を取り戻す

加齢とともに、スキンケアのみでの保湿では目元や口元の乾燥が抑えられず小じわが増えてしまいます。小じわが増えると全体的にハリがなく元気のない肌に見えてしまうのです。

しかし、ヒアルロン酸注射を打つことで、肌のうるおいやみずみずさを取り戻すことができます。

ハリのある肌は、メイクも美しく見せてくれますから、立体感のあるお顔立ちを取り戻せます。

また、皮膚のしわのみならず口角や唇にヒアルロン酸を注入すると潤ったセクシーな口元にもなるため、より若々しさが増します。

フェイスラインを整える

ヒアルロン酸注射ではフェイスラインを整える効果も期待できます。

顎に硬い素材のヒアルロン酸を注入すると、すっきりとした細目のあごラインを形成することができるため、シャープなフェイスラインに仕上がります。

全体的に小顔効果も期待でき、お顔全体がすっきりとした印象になるでしょう。

鼻の高さを整える

ヒアルロン酸注射を打つことで鼻の高さを高くする効果も可能です。

シュッとまっすぐに伸びる鼻のラインにあこがれているけど切開は怖いという方は、鼻根にヒアルロン酸を注入することで、理想の鼻筋を手に入れられます。

まっすぐに伸びる鼻筋は、顔全体にメリハリが出るため大人っぽい印象を与えてくれるでしょう。

鼻のヒアルロン酸注射はダウンタイムも少ないため、人気の施術です。

涙袋の形成

下まぶたにある膨らみ「涙袋」がぷっくり膨らんでいると目元が大きく見え、かわいらしさもプラスするため、近年では「涙袋メイク」と呼ばれるメイク方法もあるほど、注目されています。

もともと、目の周りにある眼輪筋という筋肉が発達していない人は、涙袋がほとんどありません。

しかし、ヒアルロン酸注射をすることで、涙袋の形成ができます。

おでこの形成

近年では、丸みのあるおでこが人気なようで、額にヒアルロン酸を注入することが流行っています。

額にヒアルロン酸注射を打つと、真皮が持ち上がり、しわの改善も期待できます。

より立体感のあるお顔に近づけますので、額の形やしわに対して悩みを抱える方は、打ってみてもいいかもしれません。

ヒアルロン酸注射(しわ)は失敗する可能性はあるの?

さまざまな美容効果が感じられるヒアルロン酸注射ですが、失敗したといったという事例もあります。

しかしヒアルロン酸は人間の体内に存在する成分ですので、ヒアルロン酸自体に問題があるといったことはありません。

ただ、ヒアルロン酸を肌に注入するには、正しい解剖学の知識と医師の技術が必要になります。

また、基本的には純正のヒアルロン酸を使用しますが、クリニックによっては価格を抑えるため別の薬剤と希釈したヒアルロン酸を注入する場合があります。

ヒアルロン酸注射に失敗しないためにも、クリニックは慎重に選びましょう。

ヒアルロン酸注射(しわ)の失敗例

では、ヒアルロン酸注射に失敗するとどういった症状が見られるのでしょうか。

ほうれい線のしこり

ほうれい線のたるみ改善をした方は、ごくまれにほうれい線が「虫に刺されたようになった」「ボコボコになった」と感じることがあるようです。

触るとしこりのようなものがあり逆にほうれい線が目立つといったお声もあります。

目の下のしこり

皮膚が薄い下まぶたにヒアルロン酸を注入すると、帯状のしこりができたという失敗例があります。

また、目元にハリをもたらすために打ったヒアルロン酸のせいで、膨らんでほしいところ以外の場所がボコボコしたという例もあるそうです。

鼻や顎のしこり

ヒアルロン酸は、鼻を高くしたり顎をシャープにする効果もあるため、プチ整形の役割としても用いられています。

しかし、ヒアルロン酸を打つことで、鼻や顎の周りに硬いしこりができてしまったというお悩みがあります。

おでこのしこり

また、目元のみならずおでこのような皮膚が薄い箇所もしこりができてしまいます。

本来、ヒアルロン酸を注入する場合は薄く広げなくてはいけません。

しかし、塊で注入してしまうことで皮膚がボコボコになってしますのです。

ヒアルロン酸注射(しわ)の失敗を防ぐためには

基本的にはヒアルロン酸注射での失敗は少ないといわれていますが、施術前には以下のポイントに気を付けておくといいかもしれません。

細かくカウンセリングをするクリニックを選ぶ

実際にカウンセリングを受けてみて、クリニックを判断するのも一つの手段です。

カウンセリング内容が適当で、なおかつ時間をかけて行わない美容クリニックでは、顔のヒアルロン酸に失敗する恐れがあります。

美容クリニックは、一人ひとりの悩みに寄り添った対応が必要ですし、それが本来のあるべき姿ですから安易なカウンセリングをしているクリニックは、施術への不安が残ります。

また、安すぎる費用を提示しているクリニックにも注意が必要です。もしかしたら添加物やほかの薬剤と希釈したヒアルロン酸を使用している可能性があるからです。

あらかじめ、美容クリニックの公式サイトやパンフレットを確認し、ヒアルロン酸注射に用いられる薬剤について明記されているか、費用が相場価格かを確認しましょう。

また、不安な点もどんどん質問を投げかけて、患者様目線で対応してくれるかどうかで判断するとクリニック選びに失敗しません。

医師の実績

ヒアルロン酸注射では医師の技量も求められています。

特に皮膚が薄い顔はかなり細かくヒアルロン酸を注射しなくてはいけません。

皮膚の浅い層にヒアルロン酸を注入すると、しこりの原因になります。また、皮膚の厚さによって注入する深さを決めるので確実に医師のスキルが関わってきます。

つまり、正しい知識と技術を持ち合わせていない医師が施術をするとしこりといった症状があらわれてしまうのです。

ヒアルロン酸注射を受ける前には、必ず担当医師の実績を確認しましょう。

美容の感覚が強く見落としがちですが、美容医療も立派な医療です。もちろん顔にメスをいれる場合もありますし、施術によっては高度な技術を要します。

そこで、担当医師が実際にどんな施術を行ってきたのか、公式HPやパンフレットで確認をしましょう。

また、クリニック内に医師の実績が掲示されている場合もあるので必ず読むようにしてください。

ヒアルロン酸注射(しわ)の失敗例と対処方法のまとめ

手軽に行えるヒアルロン酸注射は、悩みを抱えた多くの人が使っている美容医療です。

しかし、正しい知識を持った医師がいるクリニックを利用しないと、ヒアルロン酸が体内に吸収されるまでの数ヵ月間は、しこりなどに悩まされてしまいます。

安いからといってクリニックを決定するのは特に注意しましょう。

ヒアルロン酸注射を検討されている方は、まずは美容クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH BEAUTY CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。