カナグルとは?痩せる仕組みや副作用についても詳しく解説

ダイエットの薬 医療痩身・メディカルダイエット

カナグルとは?痩せる仕組みや副作用についても詳しく解説

カナグルは、SGLT2阻害薬の1種です。

SGLT2阻害薬とは、体内の糖を尿と一緒に排出して血糖値を下げるためのお薬ですのでダイエットに使われることがあります。副作用や仕組みはどうなっているのでしょうか。

カナグルとは

Beautiful Model Girl With Perfect Fresh Clean Skin. Youth And Skin Care Concept. Isolated On Pastel Brown Background.

カナグルは、SGLT2阻害薬の1種です。SGLT2阻害薬とは、体内の糖を尿と一緒に排出して血糖値を下げるためのお薬です。

糖尿病治療にも使われる薬なのですが、糖の吸収を抑えてくれるため、ダイエット薬として処方していることもあります。そのしくみや作用を知るとメディカルダイエットに役立てることが可能です。

カナグルのダイエットは血液に入った糖が再吸収されないように働きかけます。再吸収されなかった糖は尿と一緒に排出される仕組みになっています。

カナグルはこんな方におすすめ

糖質大好きな方は糖質抑制してくれるこのカナグルを活用したいでしょう。

炭水化物系統の食事を気にせず食べることもできますし、服用することで糖を吸収せずとも排出してくれるのですからうれしいです。

  • 楽にダイエットしたい人
  • 甘いものや炭水化物がやめられない人
  • 運動やストレスをためないで痩せたい人

には最適だと思います。

カナグルの効果のメカニズム

糖の吸収を抑えることで脂肪を蓄積させない効果やカナグルを服用することで、脂肪を溜めないようにすることもできます。

糖は人体にとって、動く、考えるなどの活動エネルギーとなり、通常はエネルギーとして使われていきます。

しかし必要な活動エネルギーよりも多く糖を摂取すると、余った糖が脂肪に変わってしまいます。

普通に摂る分には全部エネルギーとなっても得てしまいますが摂りすぎるとかえって脂肪を増やすことにつながってしまうのです。

高血糖を予防することもカナグルを服用することで、効果があります。

高血糖とは、血液中の糖の濃度が高くなった状態のことです。血糖値は上がり過ぎると活性酵素を増やして、体内にダメージを与えます。

カナグルの服用方法

安全を考えるなら、カナグルはしっかりと医療機関で自分が服用しても問題がないか診断してもらってから用法用量を守って服用することが大事です。

用法、用量

通常、成人は1回1錠(100ミリグラム)を1日1回朝食前または朝食後に服用します。必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は、忘れた分は飲まないで1回分をとばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、飲むのを止めないでください。

毎日決まった時間に1錠服用するだけであり、手間はあまりかからないとされているカナグルですがきちんとクリニックで処方してもらって、指導してもらいましょう。

服用するための説明や処方は医師しかできないものです。もしネットや個人輸入で購入しているものであれば成分がわからないものもあります。

メディカルダイエットとは、食事制限や大変な運動を行わなくても、自然に食欲を抑えてダイエットを進めていく治療方法です。

SGLT2阻害薬は、血液中の糖質を尿中に多量に排出させ、血糖値を下げることでダイエットできる薬です。

カナグルの副作用

カナグルの副作用も知っておきましょう。

妊娠または授乳中の方は服用できません。

他に薬などを使っている方も(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

脱水症状:カナグルを服用すると糖を尿で排出する分、水分が排出されてのどが渇き、脱水症状になる可能性があるので、服用後は水分を多く摂取しましょう。

人は糖が少ないと身体を動かすエネルギーが足りず、頭痛、震え、動悸、眩暈、意識障害など、さまざまな症状が起こり得ます。

老化の進行、肌荒れ、生活習慣病などにかかりやすくなることもあります。

尿路感染、性器感染症、脱水、糖尿病性ケトアシドーシス、皮疹などが報告されています。

重篤な副作用は無かったというのがダイエットでの処方報告で多くあります。

頻度の多いもので、頭痛12パーセント、尿路乾癬8パーセント、外陰感染症5パーセント(すべて女性)などがみられたという報告もあります。

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。

薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄方法がわからない場合は受け取った薬局や医療機関に相談してください。

飲み合わせなど併用禁忌、注意の処方薬もあります。

  • 併用禁忌:一緒に服用してはいけない薬の組合せ
  • 併用注意:一緒に服用することは可能ですが、その際に注意をする必要がある組合せ

薬の併用には専門的な判断が必要です。併用する場合も、併用をやめる場合も、 決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

飲み合わせができないお薬をいくつかご紹介しておきます。以下のようなお薬を飲んでいる方は医師に報告してください。

併用注意

プレドニン錠5ミリグラム
塩野義製薬株式会社
1錠あたり9.8円(税込)
バイアスピリン錠100ミリグラム「抗血小板剤」
バイエル薬品株式会社
1錠あたり5.7円(税込)
処方薬ジェネリック
ジャヌビア錠50ミリグラム
MSD株式会社
ビソプロロールフマル酸塩錠2.5ミリグラム「日医工」
日医工株式会社
1錠あたり118.1円(税込)
処方薬ジェネリック1錠あたり10.1円(税込)
チラーヂンS錠50μg
あすか製薬株式会社
1錠あたり9.8円(税込)

との飲み合わせはできません。

カナグルを飲んではいけない人

以前に薬や食べ物で、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方、ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、感染症、手術前後、外傷がある方は飲むことができません。

妊娠または授乳中の方も飲むことができません。

他に薬などを使っている場合もお互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください。

  • カナグルに過敏症の既往がある方
  • 中等度以上の心臓 肝臓 腎臓 膵臓 高血圧疾患のある方
  • 糖尿病の既往があり治療中の方
  • 手術を控えている方
  • 尿路感染、性器感染のある方
  • 大きな外傷のある方
  • 妊婦または妊娠の可能性のある方
  • 高齢の方
  • 授乳中の方
  • 小児の方

にも服用できません。

カナグルの費用

カナグルはいくらくらいするのでしょうか。

保険適用と保険適用の場合がありますが、保険が適用されるのは糖尿病の方だけです。

ダイエット目的な人は自費診療となり、1錠205.5円(税込)、これを月に30錠使用します。自費診療の場合は1ヵ月に1万円(税込)程度になります。

最初の10日間で、十分な効果が感じられない場合は、医師に相談して方法を変えます。

2回目以後の診療は体重、期間、生活習慣作りなどの計画を立てながら、予算などに合わせて、ドクターとともに行っていきましょう。

また、ゆっくりと体重減少効果を発現するため、数ヵ月間、持続治療することが必要です。

どうしても糖質摂取量を減らすことが難しい方は、SGLT2阻害剤を利用(併用)するなどの組み合わせもできます。すぐにドーンと体重が減るわけではありませんのでご注意ください。

カナグルのよくある質問

Q.カナグルのメリットはどんな点ですか。

  • 脂肪細胞を活性化し、皮下脂肪を燃焼、分解すること
  • 食事による脂質の吸収を抑制すること
  • 便通を促進し、脂質を便と一緒に体外に排出すること

などがあります。

Q.どんな人が瘦せやすいですか。

腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなもの、肥満症、むくみ、のある方は結果が出やすいです。

運動や食事療法を守ったうえでの相乗効果が一番効果が高いです。

  • 水太り体質であり、むくみやすい
  • 膝などの関節が腫れて痛い
  • 疲れやすく、汗をかきやすい
  • 夕方になると靴がきつくなる

などといった方にも有効です。

Q.カナグル(カナグリフロジン)の副作用は

頻尿、喉の乾きが最も多い副作用です。

その他は、食欲減退、嘔気、便秘、下痢などの消化器症状、低血糖、膀胱炎を認めることがあります。

頻度は少ないですが、尿が甘くなってしまうので、雑菌が繁殖しやすくなり、膀胱炎を起こすことがあります。

カナグル(カナグリフロジン)はどうやって飲むの? 内服方法は?

Q.依存性はありませんか。

動物実験では、「長期間の連用で依存性が出現することがあった」と報告されています。

ただ、体重が落ちてくると低血糖による症状が発生することがありますので長期の投与を目的としていません。診察をしながら管理して医師が経過を見ますが、ご自身は間違った服用をしないように注意してください。

Q.どれくらい最大期間、飲んでいてよいのですか。

3ヵ月以上、連続して薬を使用すると薬の効果が減弱しますので、3ヵ月でいったん休薬します。数ヵ月の休薬期間後、食欲抑制剤を再開して、違う方法にするのかどうかは医師が判断いたします。

Q.効かなくなるか心配です。

なかには、数ヵ月続けていると、数ヵ月の投与で効かなくなってし耐性ができてしまうことがあります。きかなくなる前に中断して休む期間を置けば、その後の再開の際にはまた効くようになります。

1~3ヵ月の「短期間の投与」と半年~2年の周期で繰り返す治療があります。そのほうが体が耐性とならずに適度な効果を出しやすいことから3ヵ月スパンを目安に様子を見ることになります。

Q.カナグルは日本製ですか。

医薬品情報

製薬会社薬価剤形シート記載
田辺三菱製薬株式会社1錠あたり169.1円(税込)うすい黄色の錠剤、直径7.6ミリメートル、厚さ3.4ミリメートルカナグル100ミリグラム、カナグル、CANAGLU

になります。

日本製の処方されるカナグルの目安としてください。

カナグルについてのまとめ

カナグルは、糖質をよく摂る人で、血液検査で高血糖が疑われる人に対して非常に有効なダイエット補助薬と言えます。

本来は糖尿病の薬ではありますが、おおよその目安として、カナグル1錠服用することによってご飯一杯分の糖質カットが可能です。

ただし、高血糖が著明でない方では効果が十分に発揮されない可能性があります。体調などを踏まえて医師とよくご相談ください。

カナグルを検討されている方は、まずは美容クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH BEAUTY CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。