リベルサスの効果とは?痩せる仕組みや部位、副作用についても詳しく解説

GLP-1ダイエット 医療痩身・メディカルダイエット

リベルサスはオゼンピックと同じ成分を内服する経口摂取型です。

注射せずにGLP-1を摂取できるため、自分で注射するのが怖いという方でも服用しやすいものとして人気があります。その概要を見ていきましょう。

GLP-1ダイエットとは

GLP-1は食事を摂ると小腸から分泌されるホルモンの1つです。GLP-1には血糖値のコントロールと食欲を抑制するはたらきがあります。

このGLP-1には種類があり、経口用のリベルサスは注射でなく、内服薬としてダイエットにも活用できるとして医療ダイエットに使われることもあります。

リベルサスとは

リベルサスはオゼンピックと同じ成分を内服する経口摂取型です。リベルサスは、オゼンピックと同じ「セマグルチド」を主成分とするGLP-1受容体作動薬です。

経口摂取できることが特徴となっています。注射せずにGLP-1を摂取できるため、自分で注射するのが怖いという方に選ばれることが多くなっています。

「GLP-1注射(GLP-1受容体作動薬)」は、GLP-1ホルモンそのものを注射で投与することで、食欲の抑制や血糖値のコントロールを行います。

胃の運動を抑える働きもあり、食欲を抑えて無理のないダイエットをフォローする目的として、クリニックで自由診療として使われています。

リベルサスはこんな方におすすめ

仕事が忙しく、ダイエットの時間が取れない方には手軽に痩せられるとしておすすめされています。

GLP-1は、体重減少効果が裏付けされていますが、依存性や中毒性はなく、安全性が高いものです。またリベルサスはオゼンピックと同じ成分を内服する経口摂取型です。

経口摂取できることが特徴となっています。注射せずにGLP-1を摂取できるため、自分で注射するのが怖いという方に選ばれることが多くなっています。

  • 食事制限せずにダイエットしたい方
  • コロナ禍で、ジョギングやジムに行きづらい方
  • 仕事が忙しく、ダイエットしたいけどなかなかできない
  • 時間を取られて、自分の時間が取りにくい方
  • 注射を自分ですることに不安がある方

などにお勧めの方法です。

リベルサスの効果と特徴

GLP-1注射は、依存性や中毒性はなく、安全性が高いことが評価されています。欧米では抗肥満薬として認可されています。

リベルサスはオゼンピックと同じ成分を内服する経口摂取型で、経口摂取できることが特徴となっています。

注射せずにGLP-1を摂取できるため、自分で注射するのが怖いという方に選ばれることが多くなっています。

  • 満腹感を感じて食事量が減少、体重減少が見込める
  • 継続することにより、無理なく太りにくい体質につながる

といったことも報告されています。

他のGLP-1注射との違い

リベルサスはGLP-1の経口薬ですからほかの注射するGLP-1とは大きく異なります。

期待できるダイエット効果や飲み方、副作用も知っておく必要がありますが、普通の内服薬として使えるため、注射が苦手や不安がある方から需要があります。

リベルサスはGLP-1の経口薬で期待できるダイエット効果や飲み方ですがリベルサスを飲むことで食欲が抑えられ、ダイエットの効果が期待できるため、うまく使えば自然なスリムを手に入れることができます。

GLP-1の経口薬リベルサスは、GLP-1受容体作動薬の一種で、減量に有効とされる成分「セマグルチド」が含まれています。

血糖値を下げるインスリンの分泌を促進するほか、胃腸の動きを調整し食欲の抑制が可能です。

GLP-1受容体作動薬は、注射を使ってGLP-1を投与するものが多いのですが、リベルサスは経口投与できることが特徴です。

リベルサスの主な特徴

リベルサスの特徴には、次のものがあります。

  • 自然に食欲を抑えられる
  • 太りにくい体質になれる
  • 自宅で治療を続けられる
  • 注射が苦手な方でも摂取しやすい

リベルサスの服用によって自然に食欲が抑えられ、空腹感も少なくなります。食事量が減ることでダイエットの効果が期待できます。

内臓脂肪の燃焼や基礎代謝のアップも期待でき、体質を改善できる点もうれしいです。

また1日1回錠剤を経口投与するので、痛みがなく、利用しやすい点もあげられます。

ハードな運動や厳しい食事制限は必要なく、適度な運動と食習慣の見直しをお薬を飲むだけで行うことができます。

食事や運動療法で効果が出ない2型糖尿病患者は、リベルサスで血糖値のコントロールをします。有効性があり、服用リスクの少ない医薬品として注目が集まっています。

リベルサスのデメリット

人の無料写真

リベルサスによる副作用はもちろん、お薬ですのでゼロではありません。

リベルサスの服用には、次の副作用が生じるリスクがありますのでかならず起こるわけではありませんが、覚えておきましょう。

  • 胃腸障害(嘔吐、吐き気、下痢、胸やけ)
  • 低血糖
  • めまい
  • 味覚異常
  • 消化不良
  • 糖尿病網膜症

リベルサスの服用によりまれに低血糖に陥る可能性があります。リベルサスの副作用に不安がある方は一度医師に相談してみましょう。

そのほかにも次にあてはまる方の場合、リベルサスの投与を禁止する場合があります。

  • 糖尿病患者の方
  • 利尿剤を使用している方
  • 18歳未満や高校生の方
  • 精神安定剤を使用中の方

リベルサスの治療の流れ

女性の無料写真

リベルサスの治療の流れは次の通りです。

まず医師のカウンセリングを受けます。その後、健康の検査をし、問題がなければ投与方法を確認します。

健康な方への投与は事前に血液検査をしたり、健康状態をチェックして行うことが通常の流れになりますから、疾患があったり、体調が悪い方には投与を見送られる可能性もございます。

あくまで健康あってのダイエットなので、健康を害するようなことはしないのが医療ダイエットの基本となっています。

信頼できるクリニックであれば、事前の検査やカウンセリングは念入りに行うことになると思いますので、気になることはどんなことでも相談してください。

リベルサスの飲み方:

空腹時にコップ約半分の水とともに、3ミリグラム錠、7ミリグラム錠、14ミリグラム錠のいずれかを1錠ずつ服用します。お茶やコーヒー、服薬ゼリーなどでの服用は控えてください。錠剤は割ったり噛んだりせずに、そのままの状態で飲み込みます。

リベルサスを飲んだ後は、30分~2時間程度、食事や水分の摂取を控える必要があります。どうしても水分を摂取したい場合でも、最小限に抑えるようになるかと思いますので飲み方は医師に確認をして、薬剤師含めてきちんと用法を確認しましょう。

服用当初は意識障害が起きやすいので、最も少ない3ミリグラム錠からの服用をはじめます。

クリニックや病院での処方を受けずに、オンライン通販などから個人で医薬品を購入することは避けましょう。リスクが伴います。

リベルサスの費用

費用は1ヵ月分で分量により1万5,000円前後~3万2,000円(税込)前後などが目安です。クリニックにより異なりますので事前に確認しておくとよいでしょう。

リベルサスは必ずクリニックや病院で医師から処方されたものを服用するようにしてください。

リベルサスの服用方法

1日1回、食事または飲水の前の空腹の状態で、コップ半分の水(約120ミリリットル)で1錠を服用します。

最初の1ヵ月間は3ミリグラムから開始し、ダイエット目的の方は7ミリグラム、14ミリグラムを段階的に増減します。

服用後、30分は他の薬剤の経口内服、飲水、飲食は避け、また、本剤をかみ砕いたり服用しないようにします。

リベルサスのよくある質問

Q. リベルサスを飲むだけで本当に食事量が減るのでしょうか。

GLP-1がインスリンの分泌を促す薬であるリベルサスですが

  • 血糖値をコントロールして食欲を抑制する
  • 胃腸の動きをコントロールして消化速度を緩やかにする
  • 脂肪分解や代謝を促す

役割があります。

リベルサスに含まれるGLP-1はインスリンの分泌を促進し、血糖値をコントロールすることで食欲を抑えます。GLP-1の服用により、食事量を抑えることが可能です。

胃腸の動きを緩やかにするはたらきがあるため、食べ物の消化速度が遅くなります。ゆえに、通常よりも少ない量で満腹感を感じられるようになります。

代謝を促進する効果も期待でき、基礎代謝が向上して脂肪の燃焼の手伝いもしてくれます。

Q.リベルサスは保険適用されますか?

リベルサスは治療用途によって、保険適用を受けられるか扱いが変わりますがダイエット目的では自由診療となります。

糖尿病治療薬としては保険の対象です。ダイエットを目的としたリベルサスの処方は、保険が適用されません。

Q.服用後いつから体重が減少し始めますか?

リベルサスは早ければ服用後3ヵ月程度で、体重減少の効果が現れるといった統計がでています。

しかし、脂肪の具合によってや個人の差がありますので少なくとも数ヵ月は飲み続けて様子を見ながら増減していくなどの対応が必要となります。

ただし服用を途中でやめてしまうと、食欲低減などの効果はなくなってしまいますのでまた暴飲暴食習慣がもどってしまうことがないよう、服用中に生活習慣や食生活の習慣を整えることも並行して行っていく必要があります。

治療中止後に、乱れた生活をする場合にはリバウンドする可能性があることに注意が必要です。

Q. インスリンを調整して血糖値を下げる DPP4阻害剤を使っていますが併用して大丈夫でしょうか。

リベルサスとDPP4阻害剤の併用はできる?

リベルサスとDPP4阻害剤は、原則として併用はできません。

リベルサスとDPP4阻害剤は、どちらもGLP-1受容体を媒介とする血糖値の低下作用があり、併用した時の臨有効性や安全性は確認されていません。

Q.妊婦でも服用して大丈夫ですか?

妊婦や妊娠している可能性がある人には、リベルサスは服用できません。速やかに医師に申し出てください。

リベルサスについてのまとめ

リベルサスはやせるホルモン「GLP-1」を含んだ肥満治療薬で、服用できることが特徴です。

インスリンの分泌を促進し、自然な食事量の減少や内臓脂肪の燃焼、基礎代謝の向上が見込めることから需要も多いものです。

お悩みや症状をしっかりとヒアリングできるクリニックの処方でリベルサスを活用してみるのも一つの手立てになると思います。

リベルサスを検討されている方は、まずは美容クリニックのカウンセリングを予約し、相談してみましょう。

WITH BEAUTY CLINICでは各種カウンセリングはすべて無料ですので、安心してご相談いただけます。

お電話、予約フォームで受け付けております。知識豊富な専門のスタッフが親切に丁寧にお答えしますのでお気軽にご利用ください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。